柏原市立歴史資料館 企画展

2022年7月28日

●史跡高井田横穴公園開園・柏原市立歴史資料館開館30周年記念

令和4年度夏季企画展
「史跡誕生100年-高井田横穴と松岳山古墳-」

企画展ポスター

展示パンフレット

2022年7月2日(土)~8月28日(日)

概要

 柏原市内には「史跡」として国史跡が4件、府史跡が3件、府の旧規則による指定が1件、市史跡が1件あります。そのなかで最も古くに指定されたのが、国史跡の高井田横穴と松岳山古墳で、1922年(大正11)に指定されました。大正時代から、その重要性が広く認識されていたのでしょう。
 また、史跡高井田横穴公園は、じかに歴史に触れあえる公園として、公園に隣接する柏原市立歴史資料館は、柏原の歴史を広く発信し、学ぶことができる施設として、1992年(平成4)にオープンしました。今年は、開園・開館から30年、そして高井田横穴と松岳山古墳は史跡指定から100年を迎える記念の年となりました。
 そうした記念の年に、柏原市を代表する2つの史跡についての企画展を開催します。展示をとおして、2つの史跡の謎、魅力をわかりやすく紹介します。

主な展示資料

管玉・耳環・鉄鏃・馬具・土師器・須恵器-高井田横穴
土師器・円筒埴輪・楕円筒埴輪・形象埴輪-松岳山古墳【以上、柏原市所蔵】
大正時代の線刻壁画拓本-高井田横穴【個人所蔵】←初公開です!
勾玉・丸玉・管玉・石釧・銅鏃・土師器-松岳山古墳
円筒埴輪・楕円筒埴輪-紫金山古墳 【以上、京都大学所蔵】
船氏王後墓誌(レプリカ)【大阪府立近つ飛鳥博物館所蔵】

これまでの企画展はこちら

次回企画展

秋季企画展「大和川のつけかえ ほんとうの理由は?」(9月13日~12月4日)です。お楽しみに!

新型コロナウイルスの感染状況により中止や延期をする場合があります。
マスクの着用・手指の消毒・対人距離の確保・接触確認アプリ「COCOA」の利用等、感染防止にご協力ください。
7月28日より大阪府モデルが「非常事態(赤信号)」へと移行しています。参加に際しては大阪府からの府民等への要請の確認もお願いいたします。

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431