柏原市立歴史資料館 スポット展示

2022年4月26日

 常設展示室入口横で行っているミニ展示です。寄贈資料のほか、発掘調査の速報展など、およそ2か月ごとに展示替えしています。

5~6月のテーマ

『こんなモノをいただきました‐ちょうちん‐』

展示期間

令和4年4月26日~令和4年7月3日

概要

 新たに当館にご寄贈いただいた資料を中心に、日本独自の照明器具、提灯(ちょうちん)を展示しています。

 提灯は、底にろうそくが立てられるようになっており、それを光源とします。風防の障子紙は、竹ひごで作られた骨が蛇腹式になっていて、伸縮自在なので、折り畳むことができ、保管・持ち運びに大変便利な優れものでした。
 ただし、ろうそくは、菜種油などの他の明かりと比べて、とても高価だったので、提灯は、お祭りなどの特別な日や、何らかの緊急事態にのみ使用されることが多かったようです。

 新蔵品の提灯は、お家の門や神社などに吊るす大型の「高張提灯」で、昭和3(1928)年に、国分で製作・販売されたものです。今回は、ほかに、携行用の「弓張提灯」、江戸時代に使用された「御代官所 御用」の記載がある「提灯箱」を陳列しています。

 この機会をお見逃しなく!

スポット展示 全景

スポット写真

スポット展示

これまでのスポット展示

2022年(令和4年)

2021年(令和3年)

2020年(令和2年)

2019年(平成31年・令和元年)

2018年(平成30年)

2017年(平成29年)

2016年(平成28年)

2015年(平成27年)

2014年(平成26年)

2013年(平成25年)

2012年(平成24年)

2011年(平成23年)

2010年(平成22年)

2009年(平成21年)

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431