弾道ミサイルが飛来する可能性がある場合の行動について

2017年4月21日 (危機管理課)

 

 

 

 北朝鮮情勢が緊迫するなか、日本への武力攻撃等が発生した場合、国の指示に基づき対応しますが、危機事象が発生した場合は、ただちに安全を確保した行動を取ってください。

 弾道ミサイル等が日本に飛来する可能性がある場合、被害が想定される地域にJアラートシステム(全国瞬時警報システム)により防災スピーカからサイレン音声による避難の呼びかけと、携帯電話にエリアメール・緊急速報メールの伝達を行います。

 

Jアラート概要

Jアラートのサイレン音の視聴

 

ミサイル発射の警報を聞いたときに行っていただきたい行動

 

1 屋外でJアラートの警報を聞いたときの対応

 できる限り速やかに頑強な建物に避難して下さい。

(コンクリート造りの建物や地下街が望ましい)

 

 

2 ご家庭でJアラートの警報を聞いたときの対応

 屋内にとどまり、テレビやラジオなど、メディアからの情報を得るように努めてください。

 

3 学校園でJアラートの警報を聞いたときの対応

 ○グラウンドにいる児童・生徒のみなさんは校舎内に避難して下さい。

 ○校舎内にいる児童・生徒のみなさんは、机の下に隠れるなど安全を確保して 下さい。

 ○先生は児童・園児等を速やかに施設内に避難させて安全を確保して下さい。

 ○教室等の中で身を低くする。

 ○窓から離れて外を見ない。

 ○布団や座布団などで頭を守り身を伏せる。

 ○机など丈夫なものに隠れ頭を守る。

 

詳しくは、内閣官房国民保護ポータルサイトをご覧ください。

 

お問い合わせ

危機管理課
電話:072-972-1529