柏原市立歴史資料館 スポット展示

2018年1月7日 (文化財課)

 2階ホール常設展示室横で行っています。当館への寄贈資料を紹介するほか、発掘調査の速報展を行うなど、2箇月ごとに展示替えしています。

1~2月のテーマ

『瓦師 松井四郎兵衛』 

展示期間

平成30年1月4日(木)~2月下旬 

概要

 「松井四郎兵衛」(まついしろべえ)は、今からおよそ300年前の江戸時代の半ば、現在の柏原市国分本町に実在した腕利きの瓦師です。四郎兵衛が作る瓦は、国分だけでなく八尾市の神劔神社や葛城市の當麻寺奥院、香芝市の眞宗寺などでも用いられました。江戸時代終わり頃の火災による屋敷や工房の焼失を経てなお、数多くが残っています。

 四郎兵衛作品の素晴らしさを、子孫の松井豊子さん(東大阪市)のお話や鬼瓦のスケッチと共にご覧ください。

30年スポット展示1月1

30年スポット展示1月2

30年スポット展示1月3

30年スポット展示1月4

  

これまでのスポット展示

2017年(平成29年)

2016年(平成28年)

2015年(平成27年)

2014年(平成26年)

2013年(平成25年)

2012年(平成24年)

2011年(平成23年)

2010年(平成22年)

2009年(平成21年)

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431